上高地

訪れてから少し時間が経ってしまいましたが、先月末に訪れた上高地について記します。
長野でも岐阜との県境にほど近い北アルプス沿いに位置する上高地では、10月も終わるころには既に晩秋~初冬のような気温です。

そのため色づきもはやく、おおかたの紅葉は落ちつき、既にカラマツを残すのみといった時期でした。
ここ上高地では他の地で見られるものよりも数段大きく高く感じます。
枝ぶりも見事!見惚れてしまいます。

今回は急に思い立ってのショートトリップでした。
思い返してみれば20年近く来られていなかった。
入り口の釜トンネル前の国道は何回も通っているのに。

大好きな場所ゆえに、遠ざかったといいますかね。
もう少し心が整った状態で来たかったのかもしれません。
しか~し今でも、そんな心境にはなっておらず、いつもバタバタしっぱなしなのですが。(笑)

昔、真夏や紅葉の最盛期に訪れた時の気持ち良さは最高なのですが、新緑前の寒い時期に来た時や今回のように少し遅めの秋というのも本当に良いものです。
雨降りや曇りの時もありましたけど、個人的にはそれでも構わないと思っています。

山と空気、水も木も別格ですから。

いつ来ても美しいアズサ川が流れています。
私にとっては、それだけで十分なのです。

 

Λ.当日の行程メモ。
前日の夜に出て早朝に沢渡駐車場着で少々仮眠、AM7時台のバスで現地入りしました。
(通年マイカー規制のため)
今回は三人連れでしたのでタクシーではなく初めてバスに乗りましたが、これが快適で眺めもよく、揺れる感じも風情があって宜し。
梓川沿い緩い山道を明神までゆっくり歩き、対岸に渡り戻ってくる定番のハイキングコースでした。
次の機会があれば、テントをもって徳沢や涸沢まで行ってみたいですね。

※.上高地のオフィシャル的なブログでの現地情報について。
久しぶりに訪れる自分のような者にとっては、とてもありがたい情報でした。
しかしながら、載せてらっしゃる紅葉のライブ情報は、実際の日付や時間よりも少々タイミングがズレているのかもしれません。
私は行く数日前から現地レポート見ていましたが、ブログチェックした当日数時間後に現地で見た感じでは、色付きかた等にタイムラグがあるなとの印象をうけました。
この季節に紅葉を目当てに赴く方は、情報よりも少し早めに動かれたほうが良と思われます。
まぁ私の場合は前述したように、どの季節/タイミングでも来られるだけで嬉しいのであまり関係ありませんが。。

ただ紅葉のトップシーズンは混みます。
沢渡バスターミナルの係の御方のお話では、「先週末(10月中旬頃)は、始発はAM4時40分ですが、3時台には既に300人以上が並んでいました。」とのことです。
少しだけ時期をずらした私の訪れた日には誰一人並んでおりませんでしたから、皆様どれだけ紅葉を目指し訪れるのかということですね。

.