パスケース オーダー 試作サンプル完成

前回のサンプル試作の続きです。

前回までの型紙と縫製前の段階での仮組みによる数値出しを経まして、試作品としてカタチになりました。
ここから最終的な検証作業をしていきます。

今回のオーダーは、御依頼主のお使いになる定期券の種類と枚数の御指定がありました。定期券ごとに改札を通る時の状況を考慮に入れて、収納スペースの配置を決めることが大切です。

上の画像は開いてみたところ。
奥の左側と手前の右側の下のスペースが、「非接触ICカード型定期券」の収納箇所。

右側の上に位置する開口がカーブしているスペースが、新幹線の乗車券や切符の収納箇所になります。

前回検証していた折り畳まれる屈曲部位ですが、今回使用する革の積層厚とカードの枚数から鑑みた数値決定は上手くいったようです。

折り畳んだ様子。
こちらのスペースは、上で説明した左側の1スペースの表側になります。
ここは「改札を通すタイプの磁気カード型定期券」の収納として使われます。

前回からの検証作業の結果、カーブの奥を覗くとチラッとフチが見える状態ですので、もう少しだけ収納部分を深くして改善できると思います。

全ての修正にいえることですが、その一部分だけを修正するのではなくて、どこか一つ修正箇所があれば、全体を合わせて調整することでバランスが保つことができます。
逆にそれでどこかに不具合が出るようであれば、それはそのことを見越した最初の設計がなされていなかったということ。
ベースとなる設計は図面の段階で、おこりえる事象を想定していなければ良い物は作れないと考えます。

逆の面です。
上で説明した右側二段のスペースのオモテ側になります。
必要要件から割りだした配置でもあるのですが、開いたときの左右のバランスが同じ枚数の積層になったことで、折り畳まれた状態を開いたり、手の返し時のバランスが、一方に偏ったスペース配置よりも良好なのではないかと推測します。

また面がフラットに仕上がっていたほうが、バッグやポケットに収めた時の落ち着きがよいので、出来ればどちらかの面はスムーズな状態に仕上がったほうが良いでしょう。

これで、大方の試作による検証作業も終わりましたので、使いやすくあることを前提にしながら、パスケース自体も傷みづらい物に仕上がるよう、納品用の本番製作に入ることが出来ます。

 

Λ.フルオーダー、仕様変更をしたがうオーダーの時には、全体もしくは部分的なサンプル試作による検証作業があるほうが完成度は上がります。

ここで御注意いただきたいのが、製品版に比べ革のグレードは少し下で、縫製や仕上げも程々なものです。画像だとわかりづらいですが。。
試作品の紹介で、ストーヴル製品版の品質と勘違いされても困りますので、印をつけることにしました。
とりあえず今回は最初ということで、【シサク】とか【試】と書いた革端材を添えてみましたが、小さくてわからないですねぇ。次はもっと大きくしてみます。

パスケース オーダー 試作 

前々回からの続きになります。

オーダー製作において大切な工程、試作サンプル。

とくに一品物・フルオーダー品・仕様変更があるものを拵えるうえでは、完成品となる実物に近いものを実際に組み上げ、使い勝手やルックス・堅牢度等を検証したほうが、計算のみでつくったものよりも確実に良いものが作ることが出来ます。

今回はフルオーダーとしてはすこしコンパクトなアイテムの定期入れ。
お財布やバッグに比べればパーツも多くはないので、少し説明しやすいので簡潔にではありますが、試作工程の大事なところを抜粋して載せようと思います。

上の画像。
定期券の収納部となる各パーツを切り出した後、開口部分に伸び止めを施し滑らかになるよう磨きあげます。試作ですからやらなくても大丈夫なところですが、気は心。
ちなみに、当方の作り方では裏全面に薬剤等を塗り付け磨き込むことは致しません。適材適所によって変えています。基本的には伸びが少ない方向性を守って裁断しているので、革質や厚みによる強度が担保されていれば、開口周辺のみしか加工は施す必要はないと考えます。
床(裏)面が自然のまま良い状態であれば、そのままでも十分平滑であるのが、革本来の床面ですから。必要以上に薬剤やコート剤を塗り込むのは良いことだとはおもえません。良くあるコート剤は湿度の高い環境ではベトついたり溶けだす可能性もありますし、滑らかさを求めてやった加工なのに、バサッとほぐれてザラザラとした質感に変わることも多いので、革工芸の教書やマニュアルの良くない指示の一つだと思います。
絶対にやめたほうがよい「ウラ全面のトコヌールやCMC」なんてね。
やはり適材適所。

試作の時には、製品版に使用する上質な部位に比べ、少し繊維の粗かったりシワや小傷の入っているところを使います。画像の革の床面(裏面)の繊維が緻密でないのがわかると思います。
しかしながら、緻密でなくてもシッカリと堅牢な部位はあるもので、その辺は断面からも目視と触れて確認することで、ほぐれやすくはないか選定し使用するかを決めています。

この革自体良い鞣しのものなので、粗い部分でも絡みが良く試作の検証用にはピッタリの革といえるでしょう。
※検証用にカタチをみるだけの用途なら紙でも作れるわけですから厳密にしなくても良い部分ですが、より本物に近い状況で検証したいもので。。
試作するうえで要点となるところは数限りなくあります。
なので、大きく端折りまして、上の画像はパーツを接着し本体となるパーツに合わせながら、計算上の寸法のまま組み上げて大丈夫かを検証しているところ。

実際に御依頼主の収納する定期券と同じ状況を再現するように、サイズ・厚み・枚数をあわせ収めた状態で検証してみます。
ここで大事なポイントは、赤⇒のところ。
ここでの数値出しが「使いやすさ・収納性・その後の製品寿命や壊れにくさ」につながっていく重要箇所なのです。

上の画像も試作サンプルを仮接着のみで、実際にカードを収めて折り畳んでの治まりの良さを確認しているところ、なので縫製やコバは揃えておりません。
開口部がカーブしたラインであることで、取り出しやすく型崩れもしにくくなっていますが、もう少しだけ深くしたほうが良さそうです。カードのフチが見えていますものね。
※このようなちょっとした塩梅を見きわめるのもサンプル試作でしかありえません。

この赤い⇒部分の距離が短くても長くても、傷みの原因となります。
折り畳まれる構造の革製品にとって、この部分が最大のウイークポイントでもあるのです。だから本当にとっても大切な検証。革の厚みや質感でも状況は異なってきますから、より正確な検証と改善をして作りたいのであれば、やはり同等の革素材でやるしかないともいえます。紙では無理なところ。

ちなみに今回は、計算上の寸法よりも、この検証作業の結果1.5mm変えて作ることが正解との結果になりました。
勿論、組み上げてから再度検証いたします。その為の試作サンプルです。

そういった意味では、試作サンプルは机上計算と型紙が正しいかの確認作業でもありますから、完成するまでに最低二回の改善が出来ることになるということです。

修正追記中。。。

上高地

訪れてから少し時間が経ってしまいましたが、先月末に訪れた上高地について記します。
長野でも岐阜との県境にほど近い北アルプス沿いに位置する上高地では、10月も終わるころには既に晩秋~初冬のような気温です。

そのため色づきもはやく、おおかたの紅葉は落ちつき、既にカラマツを残すのみといった時期でした。
ここ上高地では他の地で見られるものよりも数段大きく高く感じます。
枝ぶりも見事!見惚れてしまいます。

今回は急に思い立ってのショートトリップでした。
思い返してみれば20年近く来られていなかった。
入り口の釜トンネル前の国道は何回も通っているのに。

大好きな場所ゆえに、遠ざかったといいますかね。
もう少し心が整った状態で来たかったのかもしれません。
しか~し今でも、そんな心境にはなっておらず、いつもバタバタしっぱなしなのですが。(笑)

昔、真夏や紅葉の最盛期に訪れた時の気持ち良さは最高なのですが、新緑前の寒い時期に来た時や今回のように少し遅めの秋というのも本当に良いものです。
雨降りや曇りの時もありましたけど、個人的にはそれでも構わないと思っています。

山と空気、水も木も別格ですから。

いつ来ても美しいアズサ川が流れています。
私にとっては、それだけで十分なのです。

 

Λ.当日の行程メモ。
前日の夜に出て早朝に沢渡駐車場着で少々仮眠、AM7時台のバスで現地入りしました。
(通年マイカー規制のため)
今回は三人連れでしたのでタクシーではなく初めてバスに乗りましたが、これが快適で眺めもよく、揺れる感じも風情があって宜し。
梓川沿い緩い山道を明神までゆっくり歩き、対岸に渡り戻ってくる定番のハイキングコースでした。
次の機会があれば、テントをもって徳沢や涸沢まで行ってみたいですね。

※.上高地のオフィシャル的なブログでの現地情報について。
久しぶりに訪れる自分のような者にとっては、とてもありがたい情報でした。
しかしながら、載せてらっしゃる紅葉のライブ情報は、実際の日付や時間よりも少々タイミングがズレているのかもしれません。
私は行く数日前から現地レポート見ていましたが、ブログチェックした当日数時間後に現地で見た感じでは、色付きかた等にタイムラグがあるなとの印象をうけました。
この季節に紅葉を目当てに赴く方は、情報よりも少し早めに動かれたほうが良と思われます。
まぁ私の場合は前述したように、どの季節/タイミングでも来られるだけで嬉しいのであまり関係ありませんが。。

ただ紅葉のトップシーズンは混みます。
沢渡バスターミナルの係の御方のお話では、「先週末(10月中旬頃)は、始発はAM4時40分ですが、3時台には既に300人以上が並んでいました。」とのことです。
少しだけ時期をずらした私の訪れた日には誰一人並んでおりませんでしたから、皆様どれだけ紅葉を目指し訪れるのかということですね。

.

 

パスケースオーダー 試作用の型紙作成 

現在、定期入れの御注文品を作っています。
パスケースに限らずオーダーで作製する場合には、御依頼主の使用されている環境や収納する物の種類や形状、その大きさと量、等々の情報が大切になります。

今回の製作は定期入れですから、定期の種類や収納枚数、使われるときの手の動きや改札での使用状況など、細かく検証し仕様を決めていきます。
フルオーダーの場合はとくに、この検証と打ち合わせがあってこそ、市販品とは異なる自分専用の使いやすいカタチに仕上がる可能性が高くなるので、お電話やメールでの打ち合わせ・ご相談はとても大切な工程です。
製作の前段階というより、製作そのものの第一段階といえるでしょう。

一般的に「定期入れ」の印象といえば、革製品の中では小さなものとうけとめられていることと思います。
ですが、その使用頻度や重要性からすれば最も身近で大切な革製品であるにもかかわらず、機能や収納枚数などで本当に気に入ったうえで使われている方は少ないのではないでしょうか。
その方ごとに使われる環境や収納枚数も異なるわけですから、どうしても市販品では最大公約数的な物が多くなるのも仕方のないところです。

定期券には、感応式のICカード型と自動改札に通すタイプでは大きさや厚みが異なりますし、切符などの乗車券もいくつもの大きさがありますから、収納する可能性のあるもの同士を組み合わせた時に上手く機能するよう設計する必要があります。

そういう意味では、クレジットカードのサイズをもとにした一般的な「カードケース」を作るよりも、「定期入れ」(パスケース)ではカードや定期券/乗車券個々のサイズの違いと、使用する状況とのバランスを考えた数値出しと構造が余計に必要になるともいえると思います。

そこで、まずは試作用のパターンメーキング(型紙製作)。
上の画像は、御相談のなかでわかってきた仕様要件とデザイン(カタチ)を考えながらミリ単位で数値を決めているところです。

頭の中も机上も雑然としているのですが、実線を引いたり革を触りながら資料を脳内シャッフルして「あーでもない。こーでもない」を繰り返していきますと、少しづつカタチがが見えて参ります。
当方の場合、その場での検証による意匠決定と数値出しもしますが、それに加えて今まで作ってきた同ジャンルのアイテムや習作等のサンプルや資料も引っ張り出してきまして、再度修正点等ないか計算/検討のうえ、紙の上にパターンとして嵌めこんでいきます。

勿論、作図はCADではなく手書き。
製図用の細いシャープペンシル、もしくは削りこみ尖らせた硬めの鉛筆をつかい、方眼紙に線を入れる作業は気持ちのよいものです。

 

Λ.サーバーを引っ越してSSL化後、はじめての投稿でした。
やっとこちらを運用できまっす。

こちらの新ブログのほうも、よろしくお願い致します。